ピクトアップ!!(続き)
    でね、これ読んで、

    嵐って、本当にメンバーそれぞれが違う感性で

    うまーーくバランスのとれたグループだなぁと思いましたねぇ!

    潤くんがエンターテイメントの舵を取り、

    ニノは、いつ何時も絶対的に嵐であることをいつも宣言していて

    自分を嵐のために役立てたい!!という

    本当にいつも思うけど「嵐」の武士だと思う。

    そして、リーダーの大ちゃんは穏やかでおおらかで

    拘りのない姿勢がたまらなく寛容で

    やはりリーダーにはうってつけの人ですよねぇ~。

    人に優しく、たまには自分にも・・?ってところも時にあるけど
                    (忙しすぎなんだけどね!)

    気がつけばすぐにでも方向転換する素直さ!!

    こんなに「擦れない」生き方ができるって、

    天晴れ!としか言いようのない程。

    そして我らが天使、相葉くん!!

    彼はやはり私の思ったとおり、「一期一会」的な人。

    大ちゃんとはまた違った類の自由人だと思うのですねぇ。

    将来の計画性とか物事の枠組が苦手?と言っていいかわからないけど、

    まずは考えないで、その時々でベストを尽くしたい!と。

    人生、この先何が待っているか分からない?という

    期待ともちろん不安もあるけど、

    その時はその時!みたいな潔さ!!天真爛漫さが、

    私達をとても勇気づけてくれるんですよねーー!!

    そういう彼に、とーーっても魅了されるワタクシなのです!!

    そして、ある方面リーダー的存在!!

    嵐を引っ張り、また皆のまとめ役でもある翔くんだけれど、

    やはり今回も私は少し気になった・・。

    個人の活動をエッセンス程度と考えていると語っていて

    嵐が自分の絶対的ホームであることも強調している。

    「もう一度土から耕す」と初心の大切さを語っている反面、

    このインタビューでも感じるのは、嵐以外の関係についてまで

    彼の気遣いが及んでいると感じられる点なのですよ。

    それはやはり彼は多方面での活躍があり、

    見解が広まっているためだと思うけれど

    周りへのことは、結果的についてくれば良いことであって

    というか、必ず結果は周りに影響を及ぼすことは間違いなくて、

    だから、

    まだまだそこまで考えるには早すぎるのでは・・?と

    ちょっと急ぎすぎてるように感じる最近の翔くんを

    私はどうしても疑問に感じてならないのです。

    関係者を思いやる気持ちは素晴らしいと思うけれど

    「嵐」がこれからもまだまだ「未完」として進み続けるのなら

    よそに気を逸らしていられるような余裕は今は・・ないように

    見受けられるのだけれど・・

    そう感じるのは私だけでしょうか?

    今までの翔くんを見てきて、彼がとても優しくて

    気遣いの人であることは皆良くわかっていますよね・・

    だからきっと色々な所に気を配ってしまうのかもしれないとも

    想像します。

    まぁ、私がどこまで彼のことが分かるかなのですが

    でも、実際にファンとして彼の最近の言動に

    今までとは違う価値観の変化を感じてしまいます。

    それも致し方ないのかな?とも察します。

    でも、事によっては臨機応変、変わることも大事なんだけど、

    ただ何事にも共通して言えることは

    「根本」を疎かにして

    出来得ることなど何もない、ということなのですよね。

    そしてそれは何より、

    「ガッツリ牛丼を食べる男」になり切る為に、

    頭で卵を割り、濃い汁を飲んでしまうあの熱血さを

    ただひたすら嵐と共に・・!!と願ってやまないということで

    今日も雑誌一つにあれこれ老婆心が騒いで

    やっかいな私なのでありました。







    1日1回、ぽちっとおねがいします!
    いつも押してくださる方へ、感謝いたします!




    【2010/02/22 21:19】 | 雑誌語る | コメント(2) | page top↑
    オリスタとピクトアップ!!
    おはようございます!!

    今朝は朝食に納豆を食べたriereenです!イソフラボ~ン

    先週末は金土日と外出3れんちゃんで、

    週明けから疲れた状態で困っております

    が、今週はダンナの帰りがほとんど遅い!!

    それだけを心の糧に頑張っていきたいと思っております(笑)


    で、先週珍しく即買いしたオリスタとピクト!!

    ピクトは、メンバー一人づつのインタビューが魅力で、

    オリスタは相葉×大野のスペシャルインタビューの写真が

    とっても生っぽくて雰囲気グー!!なので。


    そう、このオリスタは、実は相葉くんの顔の写りがイマイチなのね。

    でもそれがむしろリアルな感じでイイのよ~

    洋服も綺麗なブルーセーターに白のタンクトップと

    この寒いのに「生足」だしてぇ~(笑)

    この雰囲気がなんかすっごいナチュラルで

    相葉くんの匂いが香り立ってきそうな感じなのね~

    それと、大ちゃんは最近ほんと何を着てもアウトドア派な雰囲気が

    とってもセクシーねぇ~

    Vネックのシャツの首んとこがクタっとなってる胸元なんて、

    大人の色気が満載ですわ~

    あのカワイイネックレスも、してるしっ!!(笑)

    お顔は私の大好きな、「前歯だけ出し」のアイドルスマイル

    大満足の写りになっとりますですぅー!


    そして一方ピクトは、個々のインタビューにぐっときますね!

    中でも潤くんのエンターティナー魂は素晴らしいなぁと。

    コンサートでは、彼らのやりたいこと伝えたいこと、それと

    ファンが求めているもの、

    その兼ね合いを考えつつ更に一つの方向性を提示して

    私たちをナビゲートしてくれる!!

    それは潤くんが中心となって、ちゃんと考えられて創られている

    のですよね~。

    偶然じゃない!

    そこまでしてくれる!

    嵐はファンに「至れり尽くせり」なんですよね!

    そしてあんな「あっけらかん」に見える彼らって、

    当然だけどもの凄くカリスマ性が強い!んだと思う。

    だから彼らに対して自然と私たちは尊敬の念をも

    知らぬ間に抱いているのよね~!

    あ~~!なんて素晴らしき世界~!!


    って、月曜の朝からちょっと浸りすぎかしら?(汗)

    自分の仕事もしなきゃねっ!!(汗)

    もちょっとピクトのこと書きたいけどとりあえず

    一旦ここで失礼いたしま~す。


    今日の目標は、「お雛様」飾る!!(簡単なヤツよ)




    1日1回、ぽちっとおねがいします!
    いつも押してくださる方へ、感謝いたします!

    【2010/02/22 10:12】 | 雑誌語る | コメント(4) | page top↑
    ぴあ!!翔くん!!
    紅白の裏側のこと。

    紅白離れなんて言われる中でも

    やっぱり歌手にとって未だ特別な場所なんですね。

    普段会うことのない大御所歌手との共演や

    大晦日の生放送ということが、

    予定どおりにいかなかったり

    逆にリハーサルより上手くいくことがあったり!と

    緊張や興奮感を出演者も見る側も味わえるのがやはり

    他にない魅力なのですね・・。

    この翔くん談を読んで、もう一度紅白を見直してみました。

    「嵐」として次の高いハードルを越えようとする時の

    彼らの結束感がグッと引き締まった一瞬に、

    私達見る側も、心をグーーーっと持って行かれる瞬間が

    あるわけで、

    嵐は、やはり「対嵐」という状況下に置かれたときが

    彼らが一番輝きを放つ時!!

    なのだと改めて思いましたね。

    「ちょっとビビリな負けず嫌い」とでもいいましょうか。

    そんな共通点を持つメンバーの見せる「強い仲間意識」の強さが、

    昨今の世相のコンプレックスのツボにスポっとハマル!

    のでしょうか。

    そしてその感動は必ず余韻となって

    いつまでも私達の心に残り、気づけばハートはワシ掴みに(笑)。


    さて、櫻井翔が「変わる!?」とな?どんな風に?

    ここからは私の翔くんへのかなり独自の想いを暴露するような

    記事になります。

    なので初めてですが、畳んだりしてみます(笑)。

    興味を持たれた方は読んでみてやってください。
    続きを読む
    【2010/02/08 21:28】 | 雑誌語る | コメント(8) | page top↑
    日経エンタ 2010.1!!
    ずっと気になっていたいたけれど、近くの本屋にもなかなか行けず

    とにかくコンサートのことで頭が一杯だった先週・・汗。

    がしかし、6日の帰りに後楽園内の本屋さんで上手く購入!!

    っていうか、あの本屋さん!普段入ったこともなかったけど、

    その時のコンサートがあったアーティスト関係の本を売る店なのか!?

    店頭に「マイガールオフィシャルブック」とこの「日経エンタ」が

    ひとつの棚を一種類の本が独占しているという!!

    なんとも素晴らしい(笑)売り方にビックリ!!したぁ~。

    お陰で忘れていた記憶を呼び覚まし購入に導いてくれたのでした!

    感謝ね!!(笑)


    で、内容ですが、

    当然誰もが考えたであろう「嵐経済効果」!!が書かれてましたね!

    そりゃ、株価だって動いたでしょうよ~!

    200億!?円超え~~!?

    彼らの場合、音楽関係だけの収益じゃないですからねぇ~。

    半端ない!

    まして今やほんとに、ファミリーで虜になっている人達が急増してるし、

    最近のコンサートって、

    ホントにマジ大丈夫ですかぁ?っていうくらいの

    ご高齢の方も結構いらっしゃる!!

    ファンの年齢層の幅がすごい!!

    だもの「人気」とかそんな次元はとっくに超えて「社会現象」の

    一つになってしまったわけですね・・。


    そして特集の「嵐サウンド」について。

    全体の特徴として、まず、

    「楽曲が『等身大』であること!」と書かれていましたね。

    そうですよねぇ!!だから彼らの歌からは、

    彼ら自身のキャラがその曲ごとに滲みでてくる!

    という魅力的な「おまけ」が必ず付いてくるんですよねー!!

    ファンにしてみれば喜びとお得感でいっぱい!!

    ファンでない人にも、現実的で親しみやすいから馴染みやすい!!

    そして彼らのキャラクターを早く理解することができるんじゃないかな?

    と思う。

    で、このメディアへの露出の激しさあれば誰もが彼らを日常的に

    目にしない日はなくなり、そして興味をもち始め

    いつしかそれが共感となり・・虜に!!って。


    そしてもう一つ!!

    日本人の「ツボ」を彼らは射ているのだ!

    「哀愁」!!

    彼らにはこれがあるのだ!と。

    特に大ちゃんの「歌声」がまさにそれを感じさせる!!

    「わびさび」などという情緒を根底に持ち合わせている私達日本人は

    いくら時代が進化して外国文化の影響を受けようとも

    やはりこの「哀愁」という感覚なくして、共感や感動は生まれないのだと

    つくづく納得しましたね!!

    だからなぜか「昭和の香りがする」というのは、

    近いところのひと昔前といえば「昭和」になるからかな?

    でも実はもっと昔から受け継がれているDNAが反応しているんですね!

    そしてその「古さ」を温めながら、新しいものも取り入れ

    この厳しい時代の「今」を勢力的に生きていく勇気と夢を

    彼らは身をもって私達に与えてくれる!

    だから私たちににいつも寄り添い、そっと背中を押してくれるのだから

    今や彼らを必要とする人が後をたたないのは当然の原理ですねぇ・・。


    5人の座談会の中で、

    「5人で歌う良さ」を彼らも特徴として上げてましたね。

    楽曲を与えられる彼らにとって、彼ら自身はそんなに意識は

    なかったようだけど、

    音楽関係者からそういう声が聞かれるとか・・で納得!!

    それがまた「グループ」単位のスタンスを特徴としていることが

    自然と強調されているのですねかね!

    私達ファンは皆、やはりソロパートは凄く楽しみにしている部分

    だと思うのだけど、

    ちょうど良い程度の量になっているとは・・・なるほどぉ~!!

    確かにちょうどいい!!と思う。

    プロデュースの上手さにも脱帽ですね!!


    それから、CDとして出したときの曲の出来栄えと

    「コンサート栄え」する曲について大ちゃんが話しているのが

    すごく興味深かった!!

    コンサートで歌ってみて「あ、いいなこの曲」って思ったり

    するって・・(笑)。

    私達ファンはコンサートに行けば自ずと

    普段ipodなどで聞いている曲とコンサートでやって欲しい曲が

    必ずしも一致しないことはとっくに感じていますよね?

    でも彼らも、コンサートで初めて5人でお客さんの前で歌って

    初めて、その曲から得られる良さとか楽しみ方などを

    感じるのですよねぇ?!

    「提供する側が今更何言ってるの?」って一瞬思うような話

    でメンバーにも突っ込まれてたけれど、

    彼らも一人一人、曲の好みや感じ方がちがうでしょうし、

    思い入れなどもあれば、広い会場でファンの前で歌ってはじめて

    感じるというのが、その曲の最終的な完成になるのだな・・

    と、提供してくれる側の感覚がわかりやすく垣間見れた話で

    とても新鮮でしたよ!大ちゃん!という感じでした!


    今回のコンサートの最後の挨拶で翔くんが

    「これからは夢は見るものでなく実現するものにしたい」

    と言っていたけれど、確かに年齢的に夢みている時代はもう

    通り過ぎたと思う。

    これまでの10年の中でのいわゆる「冬の時代」の迷いは

    「数字」ではないと言ってる。

    もちろんあのころの「迷い」は方向性への「迷い」で

    あったからこそ「今の数字」に繋がっていることは

    良くわかる。

    「「歌」は人の心に届くまで時間がかかる」とも分析している

    けれど、確かにパッと出てパッと去る曲というのも世の中に

    溢れているものね。

    何度も繰り返しているうちにに凄く好きになる!ってことが

    人っていろんな事でも多々ありますよね?

    そういうモノには必ず「ブレナイ軸」がしっかり確立されている

    のですよね・・。

    10年経って、しっかりと太く深く地に根付いた「嵐」は

    これから先は、夢を実現させていくには現実問題、「数字」!!

    というものから逃れられないのは必死でしょう。

    そのために、せっかく肥えた土壌にしっかり張ったはずの根が

    栄養不足で脆くなって揺るがないように、

    また次の「夢」は「見る」ところから始めても構わないのではないかな?

    なんて私の心配など及ぶところではないでしょうけど、

    「嵐」を取り巻く「嵐」が今何より一番怖い気がしてならないのです!

    花は咲けば必ず散るときがくるように、人にもそんな廻りがあるけれど

    根が丈夫に張ってさえいれば、また花を咲かすのですよね。

    満開の花のような今の「嵐」さんを、

    花見の宴会だけで辺りを散らかしてしまうことだけはないように、

    せめて私達ファンは、今こそ冷静に客観的に彼らを感じられる余裕を

    忘れずに持たなくてはいけない!と改めて思いました!!







    1日1回、ぽちっとおねがいします!
    いつも押してくださる方へ、感謝いたします!












    【2009/12/09 11:21】 | 雑誌語る | コメント(6) | page top↑
    「H」!!嵐!!
    写真も良かったけれど、インタビューがとても良かった!!

    メンバーそれぞれが、それぞれの10年間の核心に迫る答えを

    していたように感じた。

    全員のを読み終えて感じることは、

    本当に個性がそれぞれ、バラバラなんだな!って(笑)。

    それを『個性』というのでしょうが!(笑)

    では、なぜこれだけの個性をもった5人が「嵐」というグループを、

    今まで喧嘩をすることもなく、うまく成功させることができたのか?

    それは・・・「協調性」があったから!!

    これしかないと私は思うのだけど。

    彼らは奇跡的に5人という絶妙な人数枠の中での協調性に

    5人全員が優れていたのではないかと思う。

    ジャニーさんは、将来を見据えての人選だったのかどうか?

    はわからないけれど、

    「嵐」は「嵐」でしかないグループになり、

    今の時代を担うジャニーズのトップに上り詰めたわけなのだ!

    個性があり協調性があって

    たゆまぬ努力できる性格の持ち主の集まり!!を作ってしまった

    ジャニーさんが凄いのか、偶然なのか奇跡なのか?

    それは私達にはわからない!(笑)

    で、今回のインタビューに対するそれぞれの答えは

    この10年間同じ道を歩いてきたように見えても、

    やはりそれぞれの道があったことも

    自然と浮き彫りになって表れていると思った。


    まず注目はわれらが相葉くんの答えの中から

    強くうかがい知れたことはやはり、

    彼にとってデビューから今日まで

    「嵐」というグループ内での自分のポジションを

    必死に模索しそれに葛藤し続けた10年だったのでは?

    ということだ。

    「潰れないように」・・。

    そしてそれは今も尚続いてはいるようではあるけれど、

    年月と同じくして、少し一区切りついた?つけたような?

    楽しかったけれどかなり必死な年月を乗り越えてきたのだなと

    改めて彼のメンタルの強さにグッときた!!


    そして、謎の人物!(笑) 大ちゃん!!

    「今は人のために!」と?

    変わった。

    変わったんんだな?彼は・・・と思った。

    彼は自分を信じてこの10年、世の中がそれに気づくことを

    じっと待って必死にやってきたのだろうと思うけれど

    それはここ数年で本当に叶ったのだろうか?

    本当にこれでもう満足して、今度は本当に「人」のために!と?

    だとすれば、本当に彼のこの10年間は

    一般ピープルの私達の想像をはるかに超えるほど

    そうとうに濃厚な時間だったのだろう!!

    そう考えると、それはなんて素晴らしいことだろう!と思う反面、

    本当にお疲れさまでした!!と功をねぎらいたい想いに尽きて

    胸がいっぱいになってしまうのだけれど・・。

    「生かされている」?そんなところまで悟りを開いているという

    けれど、ちょっといくらなんでも早すぎやしないのか??

    「釣り」のせいだろうか?とも思ってしまった。

    自然の摂理に魅了されたことからなのだろうかと。

    「この10年守られていたと最近感じるようになった」って。

    過去と現在と未来は数珠(じゅず)繋ぎだと思い始めたこと

    からだと?

    パワーストーンが腕に目立つ最近の大ちゃん!!

    自然のパワーがみなぎっているのか?

    「だからやらなきゃいけないんだ!」って、

    大ちゃんはこの10周年に使命感に燃え始めることになった!!

    のだ!!


    そして翔くんからは、これまた久しぶりに聞く音楽の話に

    私の胸から抑えていた熱い想いが込み上げた!!

    CDからデビューした嵐の原点は「音楽」であること!!

    バラエティーで笑わせることはできても、

    気持ちを揺さぶることはできないでしょ?と!!

    私的にすごく意外ですごく嬉しい翔くんの想いを改めて知ることが

    できた!!

    翔くんのベクトルはキャスターにのみ向いているものかと

    勝手に思いきや、

    本当はもっと音楽のことを考えていたんだ!!

    そうだよね!!翔くんはそもそも音楽好きから入っているんだ!

    私がいつも嵐に望むことは、

    音楽のパフォーマンスに重点を置いて欲しいということなのだ。

    翔くんの言うように、

    嵐には、私達の心を未来永劫、音楽で揺さぶり続けて欲しいと!!

    そういう存在でいつまでもいて欲しい!!

    一つだけ願えるのであれば、私はそうお願いしたい!!

    最近どうなってるの??ってちょっと私から離れ気味だった翔くんから

    今回想いもよらない心の内を聞かせてもらって?

    いや、きっと翔くんはきっとずっとそう想っていただろうことを

    どうして自分は気づくことができなかったのか??情けない・・。

    翔くんの10年間もどんなに心揺れ揺さぶられた時間だったのか!

    改めてその厳しさが少しでも私にも分かった気がして

    翔くんが今日はすごく愛しくてたまらなくなったのだった・・。



    1日1回、ぽちっとおねがいします!
    いつも押してくださる方へ、感謝いたします!














    【2009/11/05 23:33】 | 雑誌語る | コメント(0) | page top↑
    興奮のTV誌!!
    まず、「ぴあ」!!間違いないもんんねーーっ!!

    ほら!きたっ!!表紙!!

    わたし好み~~

    そして、そして、いきりなり1ページ目からですからねー!!

    相葉雅紀 「マイガール」!!

    横たわってますーーーーっ!!!

    お顔も抜群に「男前」にっ!!

    あーーー、もう夢のよう・・・・こんな日が来るとは!

    そしてこのショットは、解ってる人が撮ってるよねー!!

    っていうか、

    わたしは、『このセンス』に賛成ーー!!

    「マイガール」話!萌萌果ちゃん!

    朝はおはようの「ハグ」から~~!!!

    「ハグ」がないとテンション下がるって~~??

    な、な、なんつーーー羨まし話!!

    そして、話は「TV LIFE」に飛びますが

    これまた なんという撮影風景とオフショット!!

    相葉くんにしっかと抱っこされ顔までひしっとくっ付けてる二人

    アニメとまったく一緒の「マフラーを二人で巻いて座っている」シーン!!

    本当にカワイイ!!可愛すぎる親子!!

    小さな女の子と父親なら、まだまだなんでも許されちゃう関係!

    でも、羨ましい!!羨ましすぎーー!!

    親子だろうとなんだろうと、「ラブラブ」で、

    もはやドキドキしてしまう自分が、

    自己嫌悪にさいなまれそうな日々がこれから始まることを

    確信したのが今日と言う日になりましたぁー

    あーーー、主よ、お助けください

    きっとすぐ「忘れる」という私の性質か?年齢が?

    救ってくれるとは思うのですがぁ・・・


    そして、そして、また戻って「ぴあ」!!

    「国立レポート」!!

    当然今回も、ドンピシャな表現に感動の嵐!!

    メンバーひとりひとりの「キャッチフレーズ」の言い当て加減は

    もう本当に「恐れ入りやの鬼子母神」ってくらいですわー

    この方の表現力は際限というものがないようですねぇ!!

    泉のごとく溢れる言葉の嵐愛ですがぁ・・、

    しかし! 「ご馳走さま。」って言葉をみつけた時

    上甲氏、あなたの

    もはやライターでは収まりきらないヲタぶりの凄さに

    こちらの方が我に返る瞬間もあったりな?

    「これを愛と言わずして愛など存在しない!!」

    正にそんな『圧倒的』なレポ!!でしたよ





    1日1回、ぽちっとおねがいします!
    いつも押してくださる方へ、感謝いたします!










    【2009/09/16 19:00】 | 雑誌語る | コメント(2) | page top↑
    ぴあ!!「そして僕らは嵐になった」
    7時間にもおよぶインタビューを集約したという記事!

    素晴らしい!!

    もちろんそれは、今回だけの時間ではなく

    この十年間という長い時間の彼らを見つめてきたからこそ

    聞ける、言える、的確なインタビュー内容!!

    ファンとしては大満足な記事ですねーー!!


    結成からの足跡やそのエピソードは、

    何度となくいろんなところで私達も

    勉強(笑)してきたつもりですが、この記事には

    「あらっ、初耳!」ってところもちょいちょいあり、

    筆者が、かなり彼らに接近していることがよくわかりますね。


    面白かったのが、

    潤くんの「キャラがえ」!!(笑)

    それまでの「いじられ末っ子キャラ」から

    ある日突然!!・・・だったんですねぇー!(笑)

    すごいよねー!!

    突然とは聞いていたけれど、そこまで突然とは!

    私、知りませんでしたぁ。

    でも潤くんにしてみれば、「突然」ではなかったのかもね?


    で、今回このテキストで目立った気がするのが、

    相葉くんのコメントがちょっと多かったような?

    翔くんのラップのこととか、

    潤くんの演出のこととかで、

    「必ず5人で意見をだしている」ということを言っていること!

    相葉くんがあえて答えているところが

    なんかすごく珍しい気がしたのだけど・・。


    「10周年記念ベストアルバム」についても

    すごい辛口ファン目線の突っ込みに、

    さすがの私も読んでいて ドキドキしたほどの鋭さ!!

    でもこれを読んで、

    5人それぞれの答えを合体させると、

    確かに!これしかなかったのね?

    と、納得せざるえなかった、ですね


    「知性の土を思考のクワで耕す・・」

    なんて上手い表現なのでしょうねぇ・・・。

    毎度本当に感動させられます

    「花の命は長くはない?」

    個々の活躍も頻繁になってきている最近、

    「今の嵐」が完成形になってしまうのでは?

    って心配症の私もいつも思っていること・・。

    良い意味で、

    いつまでも無常の儚い輪郭のままでいて欲しい!

    その魅力を失わないで!

    このファンとしての切実な願いも

    しっかりキャッチしてくれていて

    この怖いくらいのお祭り気分を

    ちょっと引き締めてくれる言葉も

    なんとも思いやりに溢れていますよね!


    素晴らしい「記念の一冊」になりました。






    1日1回、ぽちっとおねがいします!
    いつも押してくださる方へ、感謝いたします!


    【2009/08/09 16:40】 | 雑誌語る | コメント(0) | page top↑
    Chou Chou 完売!!
    ・・だそうでっ

    そりゃそうでしょう!!!

    あれが売れなかったら、おかしい??ってくらい

    相葉くんの写真!!最高!

    でしたもん!!

    ただ、「いいやつ」ってくくりが

    どうも私的には

    あまり好ましいとは思わなかったのだけど

    でも他にも、今をときめくステキな方ばかりで、豪華

    でーーーーー!! あのお値段!!

    びっくりでしたわーー!!

    そうとうChou Chouさん、頑張ったのではないですかね!?

    前号の「神楽坂」の特集も完売とか?

    どんな内容だったのかしら??

    とにかく前は、押切もえちゃんとかが表紙とかだったから

    ファッション的要素が強かったの?派手な感じ!!

    でも、タイトルは生活感漂ってるしねぇ・・。

    とにかく思い切った新装刊して

    波に乗ってきたChou Chouさん!

    一回のみならず、これからも相葉くんは勿論、

    嵐さんをお願いしたいものですよね!!

    さて 今後のゆくえが気になるところです。

    今日は噂の女性自身を買ってこなきゃ!!

    完売したら困るから今から行ってきまーーす


    1日1回、ぽちっとおねがいします!
    いつも押してくださる方へ、感謝いたします!


    【2009/08/05 11:16】 | 雑誌語る | コメント(2) | page top↑
    「 an an 」!!
    これは濃い!!内容がかなり濃い!!

    これは 10周年の記念として「買い!」です!!

    表紙が「おシャレ」!!

    さすが an an !!

    タイトルのピンクと嵐メンのファッションの色使いが絶妙!!

    バックが白なのも凄くイイ!!

    写真写りも全員グゥーー

    翔くんの髪型にビックリだけど、とーーーてもグゥーー

    で、中のページをめくっていくと

    これまたそれぞれの写真もいいし、

    コメントもイイ!!

    ただ、中の最初のページで表紙と同じファッションで立ってるの!

    なんか実は微妙なファッションだった~~??

    大ちゃんのズボン丈が全身のバランスを見ると

    ちょっと?でない?

    見える足首はステキなんだけどー!!

    翔くんの『巻物』!!??巻きすぎ!?(笑)

    潤くんのGジャンが広がってて・・・?(汗)

    どうよ?みたいな・・・?

    立ったときと座ったときと印象って違うもんだわーー。

    相葉くんとニノは普通で良いです!!

    ニノのピンクのコンバースだかが、とてもカワイイ


    で、いろいろとお話も載ってますね!!

    聞いたことあることも多いけど、

    相葉くーーーん!!

    翔くんに心配されてたねーーー。(笑)

    どうして 覚えられないんだろう??

    不思議だわーー!!

    最近スゴイ上手だと思うし・・・、ねぇーー??

    相葉くん、頑張って欲しいわ~ん

    そりゃ確かに翔くん・・・心配だわよねー?

    私も心配よ


    だけどー!んでぇー、そういう翔くんが大変!!

    最後のページで・・・クッ、クッ、クッ!!!(笑)、ごめん!

    ニノとぉーー、(笑)、二人でねぇ(笑)、写ってる写真ーー!!

    まるで、父兄(母!?)みたいなのぉぉぉーーー!!

    ちょっとーーーー!!

    これ、撮り方どうよーー??

    イイっちゃ、イイのよ!!

    けどさー?

    リップは濃いし、ヒョウ柄みたいなストール巻いちゃってぇ?

    ニノの両肩を しっか!!と掴み、微笑み超!?

    なんか、なんか 間違ってないですかぁーー??

    みんな、早く見てみてぇ~~っ

    だ、だ、だけど、
    こ、これも、10周年の記念になるわーーーっ!!!




    1日1回、ぽちっとおねがいします!
    いつも押してくださる方へ、感謝いたします!



    【2009/07/22 15:41】 | 雑誌語る | コメント(0) | page top↑
    2回で連載かい!?
    わぁーーー!!

    いつもお世話になってます情報ブログサマから知りました!!
    ありがとうございます!!

    「マリ・クレール」!!

    変だと思ってましたよーー。

    だって今月号も相葉くん企画以外のページ、ひどかったもん。

    こんな言い方したらイケナイのかな?(汗)

    だけど今日、嵐友さん@大ちゃんと会ってしゃべってて、

    「マリ・クレールどうだった?」って聞かれて、

    相葉くんは良かったんだけど、他がちょっと使えなさすぎ!?

    なのに、値段が高いからねぇ・・・。

    でも、これかから毎月買わなきゃ!!って言ってたとこ。

    嵐友さん「ファイリングして、頑張って!!」と。

    そうだね(苦笑)。と私。

    で、帰ってきてブログ拝見して、今HP見たら、あと1回の発売で

    休刊と。

    もうギリギリのとこまできてたのね?

    だからあの内容!?

    おかしいと思ったわー。ありゃないもの!!

    でもさ、そうは言いつつ私、(みんなそうだと思うけど・・)

    連載決まって、すーっごく嬉しかったんだよー。(涙)

    すーっごく喜んでたんだよーー。(涙) なのにぃ・・。

    2回でも連載とはいうけど・・・。

    会報でも相葉くんも連載のこと言ってたよね?

    だけど、6月から7月は・・って書いてあって、

    ん、ん??と思ったけど

    これから忙しくなるから、先々まで取材しちゃうんだー!!

    なんて勝手に了解してましたー。(凹)

    最近なんか変だよ!いろいろ。

    急に決まったかと思えば、急に無かったことみたいに・・?

    また思い出したように始まったり??

    そんなこと多くないですか?

    世の中が世知辛いのか?

    嵐が大きい組織に組み込まれて仕方ないのか?

    チケットのこともいつも心配だらけで・・・。

    もうなんか、キツイね・・。(疲)
    【2009/06/30 20:27】 | 雑誌語る | コメント(2) | page top↑
    マリクレール!!
    買ってきましたーー。

    高いよねー、ファッション誌は・・(汗)。

    でも、知らなかった!!

    これって、嵐が交代での連載かとおもいきや!?

    とんでもない!!

    相葉くんオンリーの連載なのねーー!!

    マリクレールに見込まれて!!

    今ごろ何言ってんだ!?ですが、

    そうなりゃ値段のことなどいってらんない!っと。


    で、『はっぴ』の相葉くん!!

    「和」が似合うんだな~~!!この人は~!

    大好きなの!!和服の相葉くん。

    得意の、頭にタオル巻いちゃうヤツ!!

    あれやると男前がバレバレなのよねー。たまんないっ!!

    江戸文化を紹介する企画だから、小さい写真が説明付きで

    いくつも載ってるのね。

    職人さんとのやりとりが、いい感じに伝わってくる。

    年配の人に、すう~って馴染んじゃう相葉くんにピッタリな

    お仕事!!

    今回は風鈴で、相葉くんの出来も上々だったし。(感心)

    欲しいわ~~、あれ!

    うん!  マリクレールさんて、人選上手ねーー!!

    ただ、一番最初のページは洋服なんだけどね。

    それで、髪型がぁ・・・・・??

    あれはちょっとー?だれがやったのーー??

    って感じで、ファッション誌にして 『なぞ』だわーー??





    ヒートアイランドも今日は午後から雨で涼しい1日に。

    逕サ蜒・019_convert_20090628170618


    1日1回、ぽちっとおねがいします!
    いつも押してくださる方へ、感謝いたします!


    【2009/06/28 17:14】 | 雑誌語る | コメント(0) | page top↑
    POTATO「信じる」!!
    ドル誌、今月どれも良くて・・・
    ウィンクアップ、迷ったけど もちょっと考えてからっと。

    でPOTATOを買ってきた。
    実は、ウチはPOTATOを買う率が低いので、めずらしい。
    一人ずつのページの写真は小さくてごちゃごちゃして
    るんだけど、良く見ると変わったショットやナイスショットが
    いっぱいで気に入ったぁー。

    唇だけのショットとかぁ・・
    みんな綺麗な口元よねーー!!
    ほんと おみごと!

    頭を真上から撮ったのとか、
    つむじの感じとかねぇ かすかにわかってぇ へへ・・・
    って、ヲタだよねー!

    で、テーマ「信じる」ことについて。

    こういうの聞くと、それぞれの性格のかなり深いとこが
    垣間見えるてくるようだったー。

    基本、無条件に信じてるのは家族やメンバーだって。
    これはみんな一緒ね。

    あと言ってることで いろいろ感じたんだけど
    まず大ちゃん。
    人に期待しないで人を信じるタイプっていうのかな?
    裏切られた時はそれはそれで終わりで
    また次信じればいい・・みたいな感じが勝手に(?)した。
    文を読んでると言葉からそういうメッセージが
    とっても勝手に伝わってくるのね。(超いい加減・・爆!)
    潔いね!!悟ってる!って。

    ニノ、機械好きでしょう?でも
    裏切らないけど、少し寂しいね?
    逆に「できればすべてを信じたい!」みたいな叫びが
    聞こえてきそうな・・・。
    よほど繊細な人なのかな、やっぱり。

    相葉くん、「誰でも信じるよー!」って心の窓全開!みたいな
    一見イメージだけど ちがうんだよね?
    深いのよー、凄く。
    「信じる」ってやっぱり「期待」とも言い換えられる部分がある
    じゃない?
    だから、用は「信じる」っていう確立した意識とか考えは
    はっきり言えば『持ち合わせない』みたいなことなのかな?
    でも、すごくわかるーー。(もう贔屓)
    ていうか、信じるっていうと、何かを人に託すような感じが
    彼の中では「なし」になるんじゃないかな。
    自分以外はあまり当てにしないみたいな?
    わかるーーーー(ホントか?)。
    頑固な性格なんだよね!それは見ててわかる。
    自分がその時感じたことが第一で、良いか悪いかは別で
    それを優先させないと気が済まないんだと思う。
    そうなると、信じてるのは『自分』ってことになるのかなー。
    結構、難しいタイプかも・・(笑)。

    松潤はこういう質問すると、頭もいいんだなーこの人って思う。
    質問に対して答えの幅が広がってて、でも的は外してなくて。
    「信じる」とかっていう確固たることより
    肯定的に人や物を受け入れるようになる、っていう柔軟な考えに
    置き換えてるあたり、
    ホント、大人になったのねーーって!
    だってこれも まず自分が確立してこないと言えないよねー。

    嵐は大人だなーーー。
    だから ミドルの心もわしづかみ!

    さて、今日は「HEY ! HEY!」だっけね!忘れてた(汗)。
    毎日楽しみを ほんと嵐さん ありがとう!!






    【2009/03/09 16:00】 | 雑誌語る | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
    日経トレンディとドル誌
    まず気になっていた『日経トレンディ』。
    「苦節10年」、聞いただけで涙ですよね(涙)。
    彼らの魅力はまさに『そこ』にあるのですよね!

    努力して苦労して着実に実力をつけてきた人たち。
    自分で自分の才能を引き出し、磨き上げていくことに
    一歩一歩地道な努力を惜しまない姿。

    そして、その個性を持ち寄り高めあう協調性!
    それぞれが真っ直ぐに一生懸命だから
    お互いの痛みを理解し分かち合える絆。
    私たち一般人が離れた距離から垣間見てもにじみ出る
    「仲良しな仲間達」。

    それが「嵐」!

    そんな彼らをどうして世の中が放っておこうかっ!!

    私達の誰もが思い描いている「理想の仲間たち」
    「理想の人間関係」とも言えるからではないだろうか。

    Youチューブの出現によって情報の幅がひろがって
    嵐の足跡が世に知らされるきっかけになって注目度が
    高まっていったことは確かだと思う。
    盗撮や違反という範囲!とどうしても批判的な人も多い
    ようだけれど、
    表もあれば裏もあるのが世の中の常で、裏のおかげで表が
    なりたっていることも否めないと私は思っている派なのだ。
    これからも、もっともっと深く「嵐」のことをみんなに知ってほしい
    と私は思うのだけど。

    ともあれ嵐は今、日本人なら誰もが気になる存在、
    まで上りつめてきているといっても過言ではなさそうだ!

    あと、ドル誌をパラパラっとして
    倹約生活のため『デュエット』だけチョイスしました。
    嵐イズムが相葉くん」だったから、相葉担としては外せなかった!
    イヤーキャンドル?初めて聞いたわ!そんなのあるのねー?
    相葉くん、カワイイ寝顔!
    垢すりでお肌もスベスベだって!(ぅふふっ)。
    気持ち良さそーー!
    舞台稽古がんばってね!!

    私も今日肩こりひどくて、マッサージ行こうか迷ったけど
    倹約してやめちゃった(悲)。


    【2009/02/08 15:46】 | 雑誌語る | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
    月刊『嵐』100回記念!
    嵐の前の静けさ。・・・
    これから何が起きるのか?
    私たちファンにとっては、ドキドキさせられちゃう言葉
    よね?

    それぞれのコメント読むと、
    ほ~んと、それぞれなんだなー!と、
    『嵐』とういう協調性を強く感じる。

    松潤、
    「渦中だからこそ間違っちゃいけない」
    この方は、本当のプロというか、今自分達が社会に及ぼす
    影響力に責任感をきちんと意識して動いている!
    ほんとにすごい立派な大人なんだ!と驚いた。

    ニノ、
    人生を二倍楽しんでる感じ?しかも濃厚に。
    やはり天才だと思う。
    そこに、努力や根性、機転の良さなどが備わって?
    結果という物を十分に残せている。
    でも、その裏には彼の生き方を『M』にさせてる何かが
    あるのでは?と
    いつも少し陰のある彼の印象から想像してしまう。

    大ちゃん、
    彼も誰もが認める芸能の天才。
    欲のない発言が時に覇気のないものと勘違いされがち
    だけれど、とんでもない!
    何をやらせても、ビシッときめてくれるデキル男!
    やっぱり最年長のおにいさん。

    翔くん、
    典型的エリート素質を持ちながら、アイドル性も兼ね備えている
    誰もが羨ましく感じてしまうような存在。
    でも芸能界からはかなり遠い場所からやってきて、
    並々ならぬ努力をしたであろう人と思う。
    だからこそ、今の結果を正面から全身に受け止めて
    喜んでいるのではと思う。
    でも、いつも客観的冷静な視点をなくすことがないところが
    まさにクレバーな人だと思う。

    相葉くん、
    すごく素直で素朴な感覚をなくさない発言。
    でもその中にはやはり、お客さんを喜ばせることに照準を
    合わせているプロ意識の高さが十二分に感じられる。
    その上で、自分も楽しんで仕事をするという、
    なんというポジティブシンキングなんだ!
    なんという楽しい人なんだ!
    身体能力の高さは神様からの授かりものだとすれば、
    彼がそれを、『アイドル』というものに生かしていることも
    神がかっているような気さえしてしまう。

    「嵐、10周年」!!
    どんなことが私達を待ち受けているのか??
    早く知りたい!!


    【2009/01/25 15:04】 | 雑誌語る | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
    | ホーム |