スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
    そっと小さな温もり集めて・・。
    今日で2月も終わりますね。

    また今月ギリギリでのアップです。笑


    実は私、今年に入って勢力的にいろいろな人に会っています。

    年賀状で、「今年は絶対会おうね!」と書いて

    結局毎年会うこともなく何年も過ぎてしまった友人などが主です。

    地震のこともあったりで皆、「今」の大事さを切実に感じたのでしょうか?

    私も、今年ばかりは口約束で終わらせないよう実現を果たそうと

    頑張っています!!

    そんなこともあり、ちょっと忙しい日々になっていますが、

    先日7年ぶりに会った友人のことで感じたことがあり、

    自分の気持ちを文字にして整理したくなりました。


    彼女とは娘が幼稚園のときの、いわゆるママ友でした。

    当時はお互い同じ主婦であり母の立場ではありましたが、

    彼女は元々は私とは違って、

    特別な資格を持つキャリアウーマンだったのでした。

    年齢が6つも上なこともあり、私は当時彼女にとても甘えていました。

    旦那の愚痴もどれだけ聞いてもらったことか!笑汗

    あの時はそれで本当に救われた恩があります。

    当時私にとってそんなお姉さん的存在の彼女でしたが、

    実はその反面、

    とても自己顕示欲が強く自信家のためか

    言動が俗にいう「K・Y」な一面もあり、

    幼稚園ママ付き合いの中で、

    ちょっとトラブルメーカーなところもありました。

    いろいろお世話にはなったのですが、

    振り回されたり、気持ちを傷つけられたこともあり、

    卒園して子供たちが別々の小学校に進むようになってからは

    お互いに距離をおくようになり、だんだんと疎遠になって

    なんとか年賀状だけでつながっているというような、

    正直もう無理無理な関係でした。

    それでもストレートで個性的な彼女のことを

    この何年間、なにかにつけてよく思い出していました。

    それが昨年末、喪中のハガキが届いて、

    お母様を先に亡くされ独り暮らしなさっていたお父上様がお亡くなり

    になったということでした。

    彼女が当時からとても気がかりにしていたことは知っていたので、

    まして関西と東京と離れて暮らしていたのでいずれ東京に呼び寄せて

    一緒に暮らしたいと言っていたこともよく覚えていたので、

    年賀状だけの付き合いになっていたけれど、

    やはり私はいてもたってもいられず、

    これも何年ぶりでしたがメールを彼女に出したのでした。

    けれどこんな関係だったので、

    返信が来たとしてもとおり一遍な内容だと思っていたし、

    まったくの自己満足で終わるものと思っていたら、

    それが意外にもすぐに返信が来て、近々是非会いたい!という内容で

    はないですか! びっくりでした。

    で、

    もっとびっくりしたのは、

    なんと!!彼女が独身になっていた!!ことなのでした。

    今や最愛のご両親ともを亡くされ、

    悲しみに打ちひしがれているかもしれないけれど、

    我が家とは違って昔からご主人とは仲が良く、

    利発なお子さんが自慢だったので、

    きっと家族の深い愛情に支えられ、

    私があえて彼女の心配するような状態ではないと思っていたのですが、

    それがまさか数年前から別居!?

    子供も置いて出てきた、というではありませんか!

    何がどうしちゃったのか!?!?

    とにかく話を聞きたいと思いましたが、

    もちろん会ってもこちらからはその件に触れることは非常識であるとは

    心得て行きましたよ。

    レストランで待ち合わせしたのですが、

    先に来て座っていた彼女を見つけたときは

    やはりだいぶ消衰してしまったせいか

    変わってしまった姿に思わず胸が詰まりました。

    一通り、お父様の最後までの経緯を聞かせてもらったところ、

    十分満足のいく介護ができ、安らかに旅立たれたということで、

    本当にそれはなによりでした。

    なのでもう今は悲しみはなく良い思い出だ、

    気丈に話す彼女でしたが、

    嘘嘘!! 頬に涙がこぼれていました。

    相変わらず強がりでした。

    そしていよいよ謎の核心に話は向かわざるを得なく

    なっていったわけですが、

    さすがそれは昔から歯に衣着せない彼女の気質で

    自分からサバサバと話始めてくれたのでしたが、

    別居の理由は、まあ、手っ取り早く言えばぁ・・

    彼女に好きな男の人ができた、ということらしいのです。

    子供も置いてきているというので、

    そういうことだろうなぁ・・

    とは思っていましたが、でもまさか!?とも思ってもいました。

    もちろん旦那さんにも原因はあったようです。

    でもそれはどこででもよく聞く「俺が食わしてやっている」

    というような、

    上からの言動に耐えられなくなった、ということなのですが、

    彼女は先にも書いた通り、特殊な資格と優秀な頭脳を持っているため、

    勤めに出れば十分自活できるのです。

    だからそこに、「我慢」という文字は無くても大丈夫なのですね。。

    それが私などとは全く違うタイプの人間というわけなのですが、

    そうは言っても夫婦のこと家庭のこと、

    それもすべて人それぞれケースバイケース、

    すべて違うわけなので比べることはできないし、

    実際のことなど他人にはわからないのですからね。

    複合的でもあるかもしれないし

    本当の理由は本人しか分かりませんね。

    と、まあ、そんなわけで、

    人生は本当にいろいろで、何が起きるか分からないね~

    と月並みな会話でその話は終わりました。

    で、次は私の近況話へと。笑

    「私はね、今はもうすべてを受け入れて、

    地道に主婦の道を歩んでいるわ。

    アイドルなんかを好きになったりしてね・・笑」

    と私が大まかに話すと、

    「え!?まさか韓流!? それとも嵐!?

    私、この前姪っ子に頼まれて高いチケット買って一緒に付き合ったのだけど、

    頼まれても2度と行きたくないわ~。どこがいいの~?

    まあ許せるのは櫻井くんぐらい?

    え!?まさか相葉くんが好きなんじゃ!?」

    と聞かれ、「そうよ。」と返すと、彼女は頭を抱えていました。。

    「相葉くんはね、南アフリカで野宿のロケなどもこなして、

    何も無いところから体当たりするような凄い人なのよ!!」

    真剣に弁護する私に、さすがにハッとした表情の彼女でしたが、

    「アイドルの歌とかダンスだけじゃ、リアルが無いじゃない?」と、

    自分の価値観でしか物事や人の事情を理解できない性格は

    相変わらず変わっていなかったですね。汗汗

    でも、

    「わたくしは自分のわがままを貫いて子供まで捨てて

    そのうち罰があたるでしょう!!

    でもね、それでもいいの。

    今、人生初で、トキメいている人がいるの!!

    わたくしはこれからもっと輝きたいの!!」

    世間体を整えることが好きで、もちろん努力は怠りませんでしたが、

    そういったプライドの高かったあの彼女が、

    こんなふうに言い切ったのには本当に驚きでした。

    やはり彼女は変わってしまっていたのか?

    一瞬錯覚するような言葉でしたが、

    やはり変わっていないのです。全然。。

    彼女がしようとしていることが良いとか悪いとか、

    私には分からないし、関係ないことだと思っています。

    ただ、こんなにも異なるタイプ同志お互いが

    今までなぜ気になってきたのか??といえば、

    「諦め、忍耐、そこからの向上」を目指した私と、正反対の

    「解放、自由、からの向上」を選んだ彼女には

    たぶん共通点があるからだと思ったのです。

    感情がとても激しく一見強そうに見えるけれど、

    内にあるものは

    自分で言うのも何ですが、

    意外にとても繊細でピュアなため、

    潔さという結果を選んでしまう、

    不器用である、

    ということが確かに同じなんだと思います。

    今までとても腑に落ちなかった私たちの関係。。

    きっとこの共通点が私たちを引き寄せ繋いでいたのだと

    十数年越しに、やっとわかったような・・

    そんな再会の一日でした。

    そして帰り道、

    「そっと小さな温もり集めて・・」

    というお馴染み相葉くんドラマ「マイガール」のワンフレーズが

    ふいに頭の中に浮かんできたのでした。

    「私はやっぱりこっちが好きなんだ。。」

    今まで自分の気持ちに気づかなかったことに、

    今更気づいたことに、驚きました。

    最近、相葉離れ嵐離れしていた私だけれど(汗)、

    私の中の根底はやはり嵐なんだぁ・・。。

    そう感じることを「誇り」に思う自分がとても好き!!

    と思いました。

    幸せの形も人それぞれ、いろんな形があるでしょうが、

    人にどう思われようと、自分が好き!!

    そう思えることが、幸せなのですよね?



    でも、

    「小さな温もり」に気づくこと、

    とても難しいけれど、やっぱり一番大事ですよね!


    【2012/02/29 23:59】 | 未分類 | コメント(2) | page top↑
    <<ワイルド@ハート!! | ホーム | 近況です!!>>
    コメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2012/03/01 17:36】 | #[ 編集] | page top↑
    Re: 非コメさんへ
    いらっしゃいませ~♪♪

    ありがとうございますi-267

    そうなんですよ~。
    年末に、年明けには必ず!って約束を
    たくさんしてしまって、
    いままでご無沙汰していた方たちと
    本当にめずらしくハードにバンバン会っていたんです~。

    しばらく会っていなくても変わらない人もいれば、
    激変している人も・・。
    つい自分と重ね合わせていろいろ考えふけってしまうことが
    多いここ最近です。笑

    今週末、函館に行ってきます。
    それが終わったらご連絡しよう!と思っていましたので
    ヨロシクです。

    コメ、どうもでしたi-176
    【2012/03/01 21:23】 URL |  riereen #-[ 編集] | page top↑
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。